2011年12月18日(日) : 不動産は現金で買うと得をするのか?(不動産のお悩みQ&A)

  • 現金で買うと、不動産は安く買えるという都市伝説は本当か?

  • (2019年9月21日(土) 午前10時9分7秒 更新)

不動産は現金で買うと得をするのか?

不動産は現金で買うと得をするのか?
そんな質問にお答えします!

結論 「現金でもローンでも同じです」
不動産屋から言わせていただくと

「ローンのお客さんの方がちょっぴりいい。」

では、説明します。
お客様で「現金で買うから値引きしなさいよ」と言う方がいます。
しかし、不動産屋に言わせると現金でもローンでも私たちに入っ
てくる金額は同じなんです。

なぜなら、お客さんが住宅ローンを借りて残金をお支払い頂くので、
現金と同じ金額が不動産屋に入ります。

業者さんによっては、住宅ローン事務手数料を取っている場合もあ
りますから、現金のお客さんよりも事務手数料の分も儲かります。

ただ、現金であることで不動産屋が助かるケースもあります。

それは...

物件の引渡しが早く出来る事です!

ローンを組むお客さまでは一定のローン審査など、事務的な手続き
がどうしてもかかる。とは言っても長くて2週間くらいです。

不動産屋にとっての現金のお客様のメリットとは。。。
引渡しが早い=手元に早くお金が入る点です。

ここまで話せばご理解いただけたと思いますが、不動産の場合は、
現金で購入するから安く買えるとは言い切れません!

ローンで買うお客様も、現金で買うお客様も不動産屋に入る金額は
同じですから現金だからって値引きして売る必要はないんです。

現金でも住宅ローンでも不動産を買ってくださる方はお客様です。
平等な対応を当社では心がけております。

では、参考になさってくださいね。

更新情報

Recent Entries.

RSS

Calendar.

2012年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2011年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
このページのトップへ